FX自動売買MT4導入ナビ

自動売買(EA)も利用できる高機能FXチャートソフトMT4(メタトレーダー4)の導入サポートサイトです。ダウンロードから簡単な利用方法までわかりやすく解説します。

当サイトからのTradeview口座開設は通常より
低手数料口座にできますので多くの方に好評いただいております。

当サイトはTradeviewの口座開設をおすすめしております。

TradeView(トレードビュー)の新規口座登録はこちらから

当サイトからのTradeview口座開設は通常より 低手数料口座にできますので多くの方に好評いただいております

TradeView(トレードビュー)の追加口座の開設はこちらから

レバレッジとは?

 

 

 レバレッジについて

レバレッジとは掛け率のことで、「てこの原理」と同じことがいえます。てこを用いると、自力では動かせなかった重いものを持ち上げることが可能となります。なぜなら、自分の加えた力がてこによって何倍にも増幅されているからです。

レバレッジという言葉には「てこの力」や「てこの作用」といった意味があり、担保として預けた証拠金の何十倍にも相当する資金を動かして取引できます。

 

 

 レバレッジの特徴

少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みをレバレッジ効果と呼びます(株式投資では信用取引の場面でレバレッジが用いられます)。

普通なら、10万円の資金であれば10万円分の取引しかできません。しかし、10倍のレバレッジを使うと、取引できる金額が10万円の10倍、つまり100万円となります。

レバレッジをかけることで、手元の資金の何倍もの金額を取引できるのです。これがレバレッジの特長です。

 

たとえば、1ドル=100円の時点において2.5万ドル分(250万円)の投資を行うには、外貨預金のような商品であれば、当然ながら2.5万ドル分(250万円)の資金が必要になります。

これに対し、FXであれば10万円分の証拠金で2.5万ドルのポジションを建てることができます。この場合、250万円相当÷10万円の計算で「25倍のレバレッジを利かせている」ことになります。

 

 

 国内FXと海外FXの違い

日本国内で登録されているFX会社は、日本の金融庁が定めたルールや規制に基づいたサービスを展開しており、かけられるレバレッジは個人名義の口座の場合、25倍が上限と設定されています。

 

一方、海外FXは平均400~500倍のハイレバレッジトレードができることが国内FXとの大きな違いといえます。

特に、XMトレーディングは最大レバレッジが888倍と、海外FX業者の中でも高いレバレッジを提供しています。レバレッジが高ければ高いほど、メリットは大きくなります。

 

ハイリスクや、危険といったマイナスのイメージも持たれやすい、ハイレバレッジですが、レバレッジが高いこと自体にリスクはありません。レバレッジの仕組みを理解してトレードすれば、低いレバレッジより、ハイレバレッジの方がローリスクで取引することができます

また、XMのハイレバレッジを利用する上で注意が必要なのが、レバレッジ制限です。全てのトレードで888倍のレバレッジを利用できるわけではありません。XMを利用していると、50倍のレバレッジでしか取引できない商品もあれば、888倍のレバレッジで取引していたのに、急に200倍にレバレッジが引き下がったりするケースもあります。つまり、含み損も大きくなりやすくなるのです。

 

 

 低レバレッジから始める

レバレッジをかけて、少ない元手で大きなお金を動かせば、利益も大きくなりますが、逆に受ける損失も大きくなります。実効レバレッジ実際の運用レバレッジのこと)が10なら、利益は10倍、でも損も10倍。つまり、レバレッジはハイリスク・ハイリターンなのです。

 

FX初心者の場合、まずは低いレバレッジから始めることをおすすめします。大きく利益を狙わない代わりに、大きく損もしないようにするのです。FXに慣れるまでは無茶はせず、まずはレバレッジ5倍~10倍、高くても20倍までの範囲で取引することをおすすめします。