FX自動売買MT4導入ナビ

自動売買(EA)も利用できる高機能FXチャートソフトMT4(メタトレーダー4)の導入サポートサイトです。ダウンロードから簡単な利用方法までわかりやすく解説します。

当サイトからのTradeview口座開設は通常より
低手数料口座にできますので多くの方に好評いただいております。

当サイトはTradeviewの口座開設をおすすめしております。

TradeView(トレードビュー)の新規口座登録はこちらから

当サイトからのTradeview口座開設は通常より 低手数料口座にできますので多くの方に好評いただいております

TradeView(トレードビュー)の追加口座の開設はこちらから

みんなのFX自動売買ツイートまとめ

 

 

 Tradeviewの評判・口コミ

Tradeviewのスプレッドの狭さは好評のようです。

 

 

サポートについては、高評価の声が多く日本語対応が良い、お問い合わせの返事が早いなどメリットが多く見られました。一方で、公式サイトの日本語情報が少ないという声もありました。

 

 

TradeviewはA-bookだと発言している声がありました。そもそも、A-bookとは何なのでしょうか?

 

 

 A-bookとは?

A-bookとはFX会社の顧客の注文がすべてインターバンク市場(LPなど)に流される取引方法のことです。

他にはB-bookという取引方法もあります。B-bookは相対取引(ノミ業者の可能性あり)なので、ブローカーが儲かればその分の損失を顧客が負担するという取引方法です。

 

STP方式(為替を取引する発注方法のこと)・ECN方式(カバー先の金融機関のレートを参照して、レートにスプレッドを上乗せしてトレーダーへ提示する発注方法のこと)などを採用するFX会社はA-bookであるといえます。NDD方式為替ディーラーを設置していないFX業者のこと)という言い方をすることもあります。STP方式・ECN方式は、NDD方式の種類のひとつです。

トレーダーたちの出した注文は、実際に市場でトレーダーが出した注文通りの取引が行われます。個人投資家のみなさんと、FX会社には利害関係はありません。

A-bookの会社の利益は取引で発生するスプレッドのみになります。だからトレーダー達に数多く取引をしてもらいスプレッドでの利益を生みたいという意図があります。つまり、FXトレーダーに本当の意味でFXで勝ち続けてもらい、長期間でFX取引をしてもらいたいのです。

 

投資家が注文を出したら、海外FX業者はインターバンク市場に注文を流すだけで、基本的な収入形態は注文を提示するときの手数料になります。

手数料だけで収入をとっているため、ノミ行為などの悪質な操作をされる危険性もなく、非常に透明性の高いところがメリットと言えます

また、A-bookは投資家が勝っても負けても、海外FX業者の収入には影響がないような仕組みになってなっています。つまり、投資家との利益相反がないので、大口(上級者)の投資家も集まりやすくなっているのです。

 

デメリットとしては、スプレッドが広かったり、ボーナスがない場合があったり、レバレッジが低め(それでも200倍など)に設定されていることです。

他には手数料が高い場合や、約定拒否が起こるかもしれない場合もデメリットとになるでしょう。

 

 

 TradeviewはA-bookといえるのか?

結論から先に言いますと、Tradeview(トレードビュー)は確実なA-bookであると言えます。Tradeviewの公式サイトでは提携している金融機関が公開されているので、TradeviewがA-bookであるということに疑いはありません。

 

また、特筆するべきはTradeviewが200以上の金融機関と提携しているということです。NDDではトレーダーの注文と金融機関の注文をぶつけることで取引が成立するので、提携している金融機関が多ければ多いほど、より有利なレートで注文を通すことができます。

 

一般的には約定スピードや、透明性の高いトレードが出来るイメージがA-bookにはあります。Tradeviewはそのイメージ通りに、インターバンクと完全に直結したNDDの透明性の高いトレードを、より有利なトレード環境で利用できるのです。

 

 

みんなのFX自動売買ツイートまとめ1

当サイトはTradeviewの口座開設をおすすめしております。

TradeView(トレードビュー)の新規口座登録はこちらから